早く梅雨明けしないかなぁ〜!
今回は、群馬県下仁田町にある、当社こんにゃく工場に行って来ました!

この工場は、昨年の10月に手に入れた工場です。

もともとは豆腐屋さんがもっていたものですが、かなり規模が大きく一日のこんにゃく・しらたき等の生産量が約10万食ぐらい出来そうです。

この生産ライン(下の写真)はオード式といって手造りのこんにゃくラインですがそれを約3名で全自動で日産約2万食製造できるラインです。

20070727-01.jpg

おーーっと、忘れていました、この時期には「ところ天」の生産が繁忙期になります。このも一日約1万食生産できます。



20070727-02.jpg

原料の天草を煮てエキスを抽出し、それを型箱に流し込んで冷却し固めます。

固まったところを型箱から抜き、全自動のカッターで細く切ってパックづめしていくという工程で「ところ天」は出来上がります。

※.ところ天
一説には、こころぶとと呼ばれ、心太の漢字があてられた。
それがこころていと呼ばれるようになり、さらに転じてところてんとなったとされるが、古くは正倉院の書物中に心天と記されている事から奈良時代には既にこころてんまたはところてんと呼ばれていた様です。


昨年は、いろいろな工場を傘下におさめてきました。

豆腐・油揚・こんにゃく・シウマイ・アイスクリーム・煮豆等、現在その数は全10工場ありますが、どの工場もまだまだキャパシティーは余っていてこれからが本番です。

もっと新商品、製品のクオリティーを上げて”価格”よりも”価値”の高い商品を消費者の皆様へご提供出来る様に頑張っていけないと、思っております。

※.7月24日 日本経済新聞朝刊にカリスマ豆富の記事が掲載されました



※.7月21日日経MJの新製品の週間ランキングに楽陽食品 青箱とうふシウマイが14位にランキングされました。


大変うれしいです。


頑張るぞ〜!(`0´)ノ




(2006/07/27(Thu) 11:30:31) |トラックバック:262

Next >>

Copyright © SHINOZAKIYA, INC . All Rights Reserved.